高校生の実態調査 PISA調査

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

高校生の実態調査

PISA調査
2016年12月8日(木)

OECD(経済協力開発機構)は、PISA調査の結果を発表しました。
本調査は、世界72か国・地域の15歳の生徒約54万人を対象に、
科学的リテラシー、読解力、数学的リテラシーを計るものです。

・日本の生徒は3分野の能力とも、
平均値を上回っている。

・72か国・地域で比較すれば、
科学的リテラシーは2位、読解力は8位、
数学的リテラシーは5位。
日本より上位は、シンガポール、香港など。

・経年変化に注目すれば、
科学的リテラシー、数学的リテラシーの順位は
上昇傾向。
ただし、読解力は4位から8位に急落。

同発表結果を国立教育政策研究所が、
分析しています。
順位のほか、問題例も示されていますので、
ぜひPDFファイルをご欄ください。

【原典】http://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2015/01_point.pdf

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター