進路コラム 第17回半田醸芳会

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

進路コラム

第17回半田醸芳会
羽根田 ひとみ 2016年11月30日(水)

11月26日(土)、小学校の集まり、
第17回半田醸芳会(はんだじょうほうかい)があった。
歴代の校長先生、勤務した職員、歴代のPTA会長が集まる会だ。
4年に一度、オリンピックの年に開催される。
最年長は88歳の先生、最年少は42歳の先生、
総勢46人が集まった。
集合時刻は14:40で、なんとも中途半端な時間だが、
年配の方、遠方の方への配慮と聞く。

記念写真撮影後、宴へ。
会のあいさつは、
町の教育長、第29代校長、第16代PTA会長と続く。
みなお話が好きな方々なので、あいさつは長くなるが、
話し上手で興味深く聴くことができた。

乾杯後は、とても賑やかに、それぞれで盛り上がった。
子供達がお世話になった先生とは思い出話で、
校長先生とはPTA活動での思い出話で盛り上がった。
また、私の小学校時代のエピソードを、
元PTA会長から聞くことができた。
当時の徒競走は、1位、2位などと順位を予想する形式だったそうで、
私は足が速かったため、先生の間で「1位」と目されていたそうだ。
残念ながら、そんな「評判」までは憶えていないが、
競技シーンは憶えている。
そんなことまで、憶えてくださったことがとても嬉しい。

最後に、現在の校長先生からプレゼンテーションがあり、
昔の校舎の写真、航空写真などを紹介。
現在、歌っている校歌は、実は1番と3番であり、
ほかに2番もあることや、
校舎の壁に模様のように彩られている絵柄の由来など、
長年知らなかった驚がくの事実があった。
(絵柄は、日本三大銀山といわれた半田銀山から町に至る地図だ)

歴代の校長、会長が教えてくださった、
学校の歴史を勉強する素晴らしい機会だった。
そして、改めて自校に誇りを感じられた機会だった。

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター