小論文指導の第一人者・堰免善夫先生の教育・文化随想 「新年・正月歳時記」

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

小論文指導の第一人者・堰免善夫先生の教育・文化随想

「新年・正月歳時記」
2017年1月1日(日)

 2017年の新年が明けた。新しい年のスタートには、やはり身が引き締まる。特に筆者の私自身は今年7月に70歳を迎えるので、感慨は無量である。この際「正月」について「歳時」を考察し、思いを新たにせんものと思う。

 「睦月むつき」(1月)を表す言葉は、「初春はつはる」「初日はつひ」「松の内」「七草」「つきゆ」「かんり」「雪明ゆきあかり」「霜日和しもびより」「寒夜かんや」「冬枯ふゆがれ」など様々ある。また「睦月の風物詩」には、「初日はつひ」「正月」「初詣はつもうで」「歌会始うたかいはじめ」「鏡開かがみびらき」がある。

 正月とは1年の最初の月のことで、本来は1月31日までを意味していた。その正月の草花は「水仙すいせん」「金魚草きんぎょそう」「黄梅おうばい」「千両せんりょう」「万作まんさく」である。そして正月しゅんの食材は「ふきのとう」「小松菜こまつな」「大根だいこん」「長芋ながいも」「伊予柑いよかん」「金柑きんかん」「真鱈まだら」「平目ひらめ」などである。


1.元日・元旦
 1月1日を「元日がんじつ」と言い、元日の朝を「元旦がんたん」と言う。「たん」は地平線からのぼる太陽の意である。

2.門松かどまつ
 神様を家に招き入れるための目印。常緑の松に、真直ぐに伸びる竹を組み合わせて、おめでたい意を示す。

3.お屠蘇とそ
 屠蘇散とそさんという、山椒さんしょう桔梗ききょう肉桂にっけいなどの漢方薬を調合し、日本酒に漬け混ぜた薬酒。「」は悪鬼のことで、「」は退治することである。お屠蘇を飲むことで1年間の邪気がはらわれる。

4.おせち料理
 元来は「お節供せっぐ」と呼ばれる五節句に神にそなえた料理のこと。重箱に詰めるのは「めでたさを重ねる」願いを示す。一の重から与(四)の重が正式であるが、略式三段重ねが現代では一般的。

5.雑煮ぞうに
 年神としがみ様に供えた餅を、「若水わかみず」(元日の朝最初にくむ水)で煮た料理。関東では、角餅かくもちにすまし汁仕立て、関西では、丸餅まるもちで味噌仕立ての煮汁にする。

6.初夢
 元日の夜から2日の朝にかけて見る夢。この夢で1年の吉兆を占う風習による。「一富士いちふじ」「二鷹にたか」「さんなすび」が縁起の良い夢。富士は「無事ぶじ」、たかは「高く」、なすびは「事をす」を意味する。

7.七草粥ななくさがゆ
 春の七草しちくさが入った粥を食べて無病息災むびょうそくさいを願う。冬場に不足しがちなビタミンを補い、正月の暴飲暴食で疲れた胃を休める効果もある。1月7日は「人日じんじつの節句」とも呼ばれる。
七草しちくさは、@セリ Aナズナ Bゴギョウ Cハコベラ Dホトケノザ Eスズナ Fスズシロ。

 以上が「正月歳時記」であるが、その他に正月の気分を盛り上げる「伝統遊技でんとうゆうぎ」がある。「たこ揚げ」「独楽回こままわし」「羽根つき」「福笑ふくわらい」「歌留多かるた」「双六すごろく」「花札はなふだ」「百人一首」など。これらは、江戸時代に正月の遊びとして定着した。

 これらの正月に関する様々な事柄は、年々に薄れ、このうちのいくつかは、すでに忘れ去られてしまっている。筆者の子供の頃に比べ、約半世紀を経た現在では、正月の雰囲気ふんいきは随分と様変さまがわりしてしまった。現在では正月と言えば「箱根駅伝」「サッカー天皇杯」「ニューイヤー・コンサート」などが、まず浮かぶであろう。様変りの主な原因としては「人情変化」もあるが、なにより「季節変化」が大きい。昔は明確な「春夏秋冬」の境があった。「季語」が定められ、古典文学にあっては、自然界の推移に敏感に反応しつつ「四季の歌材・俳材」として、折々の動植物をとり挙げて、人情の機微きびを繊細に表現した。
 21世紀の現在の日本では、地球温暖化により、四季が崩壊しつつあり、自然環境も大きく変化して、四季に応じた動植物も姿を消しつつある。
 まことに残念なことであるが「正月」の独特なムードは、もはや消滅の危殆きたいひんしている。“もういくつ寝ると、お正月!お正月にはたこあげて、独楽こまを回して遊びましょ。早く来い来いお正月!”の唱歌の情景はもはや過去の物である。

 70歳を迎える筆者は、あと何回、正月を迎えることができるであろう。そんな感慨にふけりながら、かつての「思い出の正月」「心に残る正月」を懐古してみる。


1.少年期・信州上田の正月
 故郷では毎年「雪の正月」であった。早朝、年賀状配達の郵便局員のため、門前の雪掻ゆきかきをした。家族で炬燵こたつを囲んで、母が作った雑煮ぞうにを食べる。おせち料理の他は、自家製の「野沢菜漬のざわなづけ」「沢庵漬たくあんづけ」「干し柿」そして「林檎りんご「蜜柑」みかん「落花生」らっかせい「干し芋」などがあった。外の広場では近所の友達と「凧揚たこあげ」「独楽回こままわし」などで遊び、家の中では兄弟姉妹で「双六すごろく」「花札はなふだ」「歌留多かるた」などを楽しんだ。それらは今となっては懐かしい良き思い出である。今はその母も父も亡い。
 
2.青年期・佐渡さどしまの正月
 学生時、勉学に励んだ苦学時代、全てに一番困難な時、佐渡ヶ島の民宿小屋で正月を迎えたことがあった。
 雪まじりの寒風吹きすさぶ荒海「厳冬の佐渡」その時、それはこごえるばかりの寒さであった。
 新しい年が来たのに陽も出ないどころか、わずかの晴れ間すらない陰鬱いんうつな、灰色に閉ざされた世界であった。賽ノ河原さい かわら加茂湖かもこ真野御陵まのごりょう金山宗太夫坑きんざんそうだゆうこうも、そして塚原三昧堂戒壇塚つかはらさんまいどう かいだんづかも、すべてが暗黒の中に、眼も開けられない程の朔風さくふう吹き荒れる佐渡の正月であった。私はその時、思った。一筋の光明さえ見えない未来に、「この遠流おんるの地で何度も正月を過した、『世阿弥ぜあみ』『順徳じゅんとく上皇』そして、『日蓮聖人にちれんしょうにん』を見よ!」と。「決して自己に屈してはならぬ!」と決意した。
 今、振り返って、しみじみ思われることは、この時佐渡で過した、あの青年の日の「正月」こそが、その後の私の人生の原点となっているということである。

3.盛年期・志摩英虞湾しまあごわんの正月
 大学受験予備校の講師となってから20年あまり、50歳の頃にはひとまずの成功をみた。ひとときの安穏を感じ、正月を伊勢志摩賢島かしこじまの「志摩観光ホテル」で過した。
その年、初めての「小説作品集」出版の予定があり、その最後の原稿書きの目的も兼ねて、かの有名な小説『華麗なる一族』(作・山崎豊子)の舞台となった「志摩観光ホテル」に年末年始滞在することにしたのである。この年の正月は、私の人生で一番晴れやかで豪華な、元日であった。
 快晴が続き、それは美しい大晦日の夕焼け。そして元旦の初日の出の見事さは、生涯忘れ得ぬ思い出となった。湖のように静かな、「ビロードの海面」の入江・英虞湾あごわん幾何学模様きかがくもようの真珠いかだが浮かび、そこに落日の夕日が沈み、また旭日あさひが昇る。金色に輝く「行く年の夕日」と「新しい年の朝陽あさひ」のバトンタッチは、まさに『黄金の陽々ひび』であった。
 私はその時その美しさに涙溢なみだあふれる思いで「これまで多くの労苦はあったが、今日まで頑張ってきてよかった」と心から思ったのである。

4.晩年期・京洛きょうらくの正月
 正月を、最も「正月らしさ」で実感できるのは、やはり「京都の正月」であろう。京都の「大晦日おおみそか」の夜は、街は初詣の人々でにぎわい、活気に溢れている。とりわけ八坂やさか神社、円山まるやま公園あたりは、正月を祝う和服姿の若い男女の人出でいっぱいである。しかし私には、夜の街の景観よりも京洛の町屋の静寂なる年末年始の方が実感が深い。京都の冬の町屋、大晦日の路地奥、正月の雪の白川小路の風情ふぜいこそが、私にとって、「行く年・来る年」の「来し方・行く末」を体感できるのである。この時私には、真に「如意にょい」として、「とき」が実感できる。「時の移り」「時の変化」いわば「時の流れ」と「その瞬間の変り目、節目」が私には見えるのである。
 古き美の伝統古色でんとうこしょくは、狭き路地と町屋の夜の「しじま」と、漆黒しっこくの「とばり」が生み出す「白きやみ」に代表される。その沈黙の黒白に色どりを附与ふよするものこそが「京洛の正月」なのである。
 晩年の私は、四条「やなぎ馬場ばんば通り」の老舗しにせ旅館「綿善わたぜん」で正月を過す。元日の夜こそが「私の京都の正月」である。旅館の奥座敷、「行燈あんどん」の灯で立てた茶をきつする時、やって来た「新しい年」を全身で感じる。二階の障子に映る、暗黒の空から舞い散る雪片の影を見やりながら過す、「静謐せいひつ」なひとときに「私の正月」はやってくる。

 晩年に迎える正月は、やはり、孤独の静寂せいじゃくの中の「心の正月」であろう。なぜなら、亡くなる時は誰もが一人孤独な姿なのであり、老齢者には来年もまた「新年」が来るかわからぬのだから。
 「お正月」という言葉の響きは、どこかに郷愁きょうしゅう慕情ぼじょうをかき立てる。「正月」の正体が、この情感にありとせば、亡失されゆく人々にも「正月は永遠とわに」やってくるであろう。

著者プロフィール

堰免 善夫 (せぎめん・よしお)
長野県生まれ。中央ゼミナール(東京・高円寺)で国語科講師として活躍。小論文、現代文を担当し約40年間勤務。中央ゼミナール監事・役員・小論文主任講師の他、大学新聞社就職コンサル塾副塾長、東京国際学園特別顧問を兼任。
近年は全国の高等学校での高校生、保護者、高校教師対象の講演だけでなく、大学生向けの就職支援の講演会にも登壇している。


◇著書
『古の琴歌(いにしえのことうた)』 (小説作品集) 1987年5月
『知見の旅路』 (思索論文集) 1997年5月
誰にでも書ける 小論文学習の決定版 最も効果的な指導・学習法』 (大学新聞社) 2013年3月
『我が心の久遠・哀愁のヨーロッパ・憂愁の京都』 (紀行随想) 2013年12月

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター