進路コラム 社員研修

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

進路コラム

社員研修
羽根田 ひとみ 2016年11月16日(水)

この秋、社員研修が長野県の軽井沢で行われた。
社歴別にグルーピングされ、
30人ずつ、一泊二日の日程で実施される。
研修のテーマは、社歴に合わせたもので、
高校や企業の訪問内容のみならず、
高校生の進路状況、大学生の就職状況、
経理やメンタルヘルス対策、
パワハラ・セクハラのリスクマネジメントなど多岐に渡る。

その中に、後輩の指導にかかわるテーマがあった。
興味深かったのは、ストレスを抱える割合の高さは、
30代が一番だということ。
確かにそうだろう。
上にも下にも気を使い、
なおかつ仕事量も一番多い気がする。

講演のあと、
研修者同士で交わしたエピソードを紹介したい。
20代の後輩が30代の先輩に、
「間違えただけです・・・」
内心、“それがどうしたんですか”と言いたげに答えたケース、
「まだやってないだけです・・・」と、
平然と答えたケース。もう笑うしかない。
30代の社員は、
「まずは、すみませんだろ!」と
怒鳴りたいところをぐっとこらえているそうだ。

どの業界でも30代は本当に大変だが、
同時に、「少しだけ(?)年を重ねた
私たち世代の役目は何なのだろう」と
真剣に考える機会にもなった。

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター