「志望理由書」の書き方 - 「小論文」対策もしておこう!

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

「志望理由書」の書き方

志望理由書を上手に書くために必要な基本ルールやテクニックを紹介します

小論文対策の基本

小論文と作文の違い

小論文
論理的・客観的
課題文やテーマに対し、感情を交えず、表面的な印象だけでなく、なぜそのことが起こり、問題視されるのか、その社会的な重要性は何かを深く掘り下げて論じる
★論理性がポイント
作文
主観的(感想・印象)
テーマを分析したり、掘り下げて判断するための思考や知識よりも、豊かな感受性、鋭い観察力をもって印象深く書く表現力が求められる
★表現力がポイント

入試の種類による違い

基本的に小論文の書き方は、一般入試、推薦入試、AO入試の種類によって変わることはありません。しかし、求められる内容が異なります。

一般入試の小論文では、高度で個性豊かな観察力や深い知識が求められます。
それに比べてAO入試・推薦入試の場合は、基礎学力をもとに、社会的視点に立った的確な文章をバランスよく書くことが、より大切になります。

小論文の出題傾向

課題文やデータ・資料を読み解いて問題に答える「小論文」がもっとも多く、与えられたテーマについて自由に書くタイプの「小論文」は少なくなってきています(ただし、短大ではテーマについて作文を書くことが多いようです)。

与えられる課題文やデータ・資料、テーマは、学部・学科により異なります。
出題される頻度が高いのは、現代社会で問題となっている事柄です。毎日の新聞やニュースをチェックして、それについて考える習慣をつけましょう。
また、志望校の出題形式や傾向を過去問題から考えて、対策を練りましょう。

小論文の採点ポイント

小論文や作文に正解はありません。ですから内容に対する絶対的な採点方法はないのです。
ただし、テーマのとらえ方、文章構成などの基本的な評価ポイントがあるので、以下を参考にしてください。

文章の内容や考え方の評価
  • 内容や要点をきちんと把握しているか
  • 文章の構成が論理的か。問題提起から、提起内容の根拠の説明、主張が具体的で無理がないか
  • 主張に積極性と真剣さが感じられるか(AO入試ではとくに重視)
書き方の形式やルールの評価
  • 原稿用紙の使い方に誤りはないか
  • 文法的な誤りや文体の統一、誤字・脱字や送りがな、数字、横文字のルールが守られているか
  • 文章量が満たされ、センテンスの長さが適切か
  • 文字がていねいに書かれているか

以上のようなことが、総合的に判断(試験官3〜4人により採点)されます。

志望理由書が合格のカギとなる入試から学校を探してみよう

入試情報から学校をさがす

資料請求って必要なの?

学校を検索する

  • 大学を検索さがす
  • 短大を検索さがす
  • 専門教育機関をさがす
オープンキャンパスへいこう!