「志望理由書」の書き方 - 基礎知識

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

「志望理由書」の書き方

志望理由書を上手に書くために必要な基本ルールやテクニックを紹介します

「志望理由書」って、なに?

「志望理由書」とは、推薦入試・AO入試を受ける際に、志望先の学校に提出する書類のことです。
この書類に記された志望理由・動機を元に、志望先の学校は、受験者の基礎的な教養の程度や、潜在的な資質、適性、アドミッションポリシー(学校側が求める学生像)への適合性などを判断し、合否決定の材料としていきます。
そのため、みなさんにとって「志望理由書」は、自分をアピールする最初のチャンスとなります。
「志望理由書」を効果的に使って、入試を有利に進めましょう

志望理由書図解

合否を左右する「志望理由書」

大学の推薦入試やAO入試における「志望理由書」は、合否判定の大きな鍵を握っています。
高校内でも指折りの評定平均値を持つ人が不合格になったり、高校での評価があまり高くない人が合格したりした場合は、「志望理由書」が大きく影響したと考えてよいでしょう。
それだけに「志望理由書」に、どんな内容を、どのように書くのかが、とても大切になってきます。
では、どんな「志望理由書」がよいのでしょうか?
ポイントは、ズバリ! 相手の心を動かすこと、となります。
志望する学校に入りたいという積極的な意欲や熱意を表すことが大切です。
ただし、上手にそれらを文章にするためには、気をつけなければいけないことがあります。後述の「『志望理由書』を書くときに必要なこと」を参考に、相手の心を動かす文章を書く練習をしてみましょう。
また、書き終わったら、先生や保護者など他の人に見せてアドバイスをもらうことも大切です。

面接対策になる「志望理由書」

みなさんを総合的に判断する資料として、「志望理由書」を調査書以上に重視する学校も存在します。
そのような学校では、面接・面談の席で「志望理由書」の内容にふれた質問がなされることも珍しくありません。
この傾向を利用して、面接官の質問を、自分の答えやすい、得意な方向に誘導することもできます。
例えば、「志望理由書」に“人の気持ちを動かす感動的な話題や共感をよぶ考え”を書けば、面接官は質問したくなります。
それを見越して、事前に回答を用意しておけば、面接を有利に進められるでしょう。
提出する「志望理由書」のコピーをとって、面接前には必ず読み返し、どんな質問をされるのかを想定して、回答を考えておきましょう。

志望理由書が合格のカギとなる入試から学校を探してみよう

入試情報から学校をさがす

資料請求って必要なの?

学校を検索する

  • 大学を検索さがす
  • 短大を検索さがす
  • 専門教育機関をさがす
オープンキャンパスへいこう!