進路相談:私は図書館で働く公務員に憧れているのですが、どうすればなれますか。…

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

みんなの進路相談

相談内容

私は図書館で働く公務員に憧れているのですが、どうすればなれますか。…

私は図書館で働く公務員に憧れているのですが、どうすればなれますか。

大学や短期大学に通っておいた方がよいのでしょうか。

進路アドバイザー検定合格認定スタッフからの回答

 公立図書館で働いている公務員ですが、通常の公務員採用試験で採用された一般行政職員が回り持ちの業務の一環として勤めていることが多く、司書区分などの特別な採用試験で専任の職員が雇われることはほとんどないようです。

 ですので、公立図書館で働きたいのであれば、地方公務員の採用試験を行政職の区分で受験して合格すればよいことになります。ただし、図書館に配属されるかどうかは運次第となりますので、少しでも図書館に配属される可能性を高くしたいのであれば、「司書資格」の取得を目指してみるとよいでしょう。



 この資格を取得する方法は二つあり、一つ目は大学・短大で司書課程を履修し、所定の単位を修めてから卒業すること、もう一つは司書講習を受講し、単位を取得することとなります。

 司書講習を受講できれば、大学などに進学しなくても司書の資格を得ることができます。ですが、この講習を受けるためには、高校卒業後、司書補の資格を取ってから数少ない司書補の求人を探し、それに採用されて2年以上図書館で勤務する必要があるため、実際にこの進路で司書資格を得ることは非常に難しくなっています。それを考えるならば、素直に司書課程のある大学か短大に進学して司書資格を取得した方がよいでしょう。



 なお、司書資格を持っていない一般行政職員でも図書館に配属されることは珍しくありませんし、国立国会図書館に就職する場合も司書資格は必要ありませんので、必ずしも司書資格がなければ図書館で働けないということはありません。

 ただ、図書館司書の求人倍率は非常に高く、100倍以上になることもあるそうですので、少しでも不利になる条件を減らすために司書資格を取っておくようにするとよいと思います。

 司書に関する詳しい情報は、文部科学省の公式サイトや個人サイトなどで公開されていますので、インターネットを利用してそれらの情報を確認してみることをおすすめします。



 なお、“図書館の職員になる=公務員になる”わけではありません。

 図書館には大まかに分けて(1)公立図書館、(2)私立図書館、(3)学校図書館、(4)国立国会図書館の4種類があります。

 公立図書館については、既に説明した通りとなります。

 まれに司書区分で公務員採用試験を実施する自治体もありますので、あなたが就職を目指している自治体の公務員採用試験について情報を集めておくとよいでしょう。

 次に私立図書館ですが、これは民間の団体が運営している図書館で、特定の種類の本だけを扱っていたり専門的なものが多いです。私立ですので当然公務員にはなりません。全国的には数が少なく採用の枠もかなり限られているでしょう。

 三つ目の学校図書館ですが、小中高校の図書室・図書館を司る司書教諭と大学図書館の職員があります。

 以前は高等学校などの図書館に専門の司書が配属されることが多かったのですが、2003年に学校図書館法が改正されたことにより司書教諭への切り替えが進められています。

 司書教諭になるためには、大学で司書教諭の講習を受けて資格を取得した後に学校教員になる必要があります。基本的には何らかの教科の教員と兼任することになりますので、司書業務だけをしているわけにはいきません。

 大学図書館の場合、正規職員として司書の募集がある場合も多いですが、非正規の臨時職員の数も多くなっています。国公私立の別によって採用状況に差がありますので、最新の状況についてはあなた自身で調べてみてください。

 国立国会図書館については、公務員採用試験の一種である国立国会図書館職員採用試験を受験し、それに合格する必要があります。ただし、あくまでも「職員」採用試験ですので、必ずしも司書として採用されるわけではないことに注意してください。

 図書館職員(司書)は有資格者の数と比べて求人数が非常に少ないため、採用倍率が100倍以上になることも珍しくない非常に狭き門となっています。

 それでも目指したいということであれば、やはり大学へ進学して、司書資格を取得しておいた方がよいでしょう。

 専門書籍のみを扱うような私立図書館を除いては、司書になるということは図書館で取り扱う森羅万象の書物について興味・関心・知識を持っていることも必要となります。

 そういった意味でも、今から大学への進学を目指して勉強に励みましょう!

 また、どのようなタイミングや頻度で、どのような図書館が採用募集を出しているのか、について今から目を光らせておくと、イマジネーションやモチベーションが上がってよいと思います。

2014年2月 更新

答えは見つかった? なら次のステップにGO!

カテゴリタグ

他にも悩みがある? なら…

進路アドバイザー認定スタッフに相談する

相談を検索

分野職業別の相談

経済・公務員・語学・教育など

情報・機械・建築など

動物・植物・バイオなど

医療・福祉・幼児教育など

音楽・美術・デザインなど

栄養・調理・服飾・スポーツなど

理容・美容・メイクなど

人文科学<文学・語学・哲学・心理学等>

社会科学<法・経済・商・社会・福祉学等>

教養・総合科学

理学

工学

農学

医療・保健

教育

体育

芸術

家政

イベント・AO入試

奨学金・入学金

フリーター問題

その他

お役立ちコラム

週イチ進路相談部